Tipsカテゴリ
プログラムTips ※Tips一覧はこちら
 
■ OpenOffice で作る顧客名入りパンフレット(5) (2007/06/22)

最後に、レポートを作成します。

OpenOffice Baseの左欄から「レポート」を選択し、右欄の「ウィザードを使用してレポートを作成」をクリック。

Img24

すると、レポートウィザードが起動し、使用するテーブル(またはクエリ)およびそのフィールドを選択する画面が表示されます。

Img25

ここで選択するフィールドは帳票形式で表示する要素となるため、今回のような一人一人の宛名を入れたパンフレットを作成するような場合は使用しません。しかし、まずはテンプレートとして使用するレポートを作成する必要があるので、フィールドを全選択して次へ進みます。

「次へ」をクリックすると、ステップが進んでいく。ステップ5の「レイアウトの選択」まで進みます。

Img26

レイアウトは何を使っても良いのですが、今回は「方向」を縦に変更し、「標準」のレイアウトで作成することにします。「次へ」をクリックし、最後のステップでは「レポートのタイトル」に「ミニバン」と入力し、「レポートレイアウトの変更」を選択して「完了」をクリック。

Img27_1

すると、テンプレートとなるレポートがOpenOffice Writerで表示されます。

Img28_2

今回は、デフォルトの内容は全く使わないので、全部削除します。ヘッダ部、本文、フッタ部をそれぞれ選択し、Delキーで削除。

Img29_1   

その後、パンフレットに共通な文字や画像などを入力していく。※下のサンプルで使った写真はstock.xchng から。

Img32

次に、画像と会社情報の間の位置にカーソルを置き、メニューから「挿入」⇒「フィールド」⇒「その他」を選択し、フィールドダイアログで「データベース」タブをクリック。

Img37

ここで、「顧客名」を選択し、「挿入」をクリック。「差し替え文1」「差し替え文2」についても同じようにします。

Img38

挿入されたフィールドを、適切な位置に移動したりフォントを変えたりして整形します。

Img39

出来上がったら、メニューから「ファイル」⇒「印刷」を選択。すると下記のようなダイアログが表示されるので、「はい」をクリック。

Img40

すると、差し込み印刷ダイアログが表示されます。左側のツリービューでミニバンクエリーを選択すると、右欄にそのレコードが表示されます。すべて印刷するなら、このまま「OK」をクリック。

Img41

出来上がったのが、下の画像。

Img43

後は、レポートの「ミニバン」をコピー&ペーストして「高級セダン」レポートを作成し、右クリックから「編集」を選択して画像を入れ替え、印刷時にクエリーの「高級セダン」を選べばもう一つのパンフレットが出来上がります。

Img44

プログラム上から画像を差し替えられれば、レポートも統合できるかもしれないけれど、その方法はまだ分かりません・・・

いずれにせよ、フリーのOpenOfficeでもAccessに引けを取らないレポートを作成できることが分かりました。ただ、専門的な知識がないと活用できないような、ユーザーにあまり優しくないインターフェースは改善の余地が多いように思います。ドキュメントの少なさも、使い勝手を悪くしています。きっと徐々に改善されていくと思うので、期待したいところです。

カテゴリ:OpenOffice

 
 
Copyright(c) 2007-2017 ISCS All rights reserved.